がっちり電子署名捺印

がっちり電子署名捺印

『がっちり電子署名捺印』とは?

本ソフトは『おまかせ電子印鑑PREMIUM』をお持ちの方だけがご利用いただけるプラグインソフトです。これをご利用いただくことにより、「電子署名付き」の印鑑を作成・押印することができるようになります。

※本ソフトをご利用いただくには「おまかせ電子印鑑PREMIUM」が必ず必要になります。
「おまかせ電子印鑑PREMIUM」のお買い求めはコチラ

電子署名機能について

電子署名付き押印ができる

本ソフトでは、どなたでも簡単に「電子署名付き」の電子印鑑を作成していただくことができます。電子署名をすることにより、自分以外の他人が同じような電子印鑑を作成していたとしても、「署名のプロパティ」を見れば一発で自分の署名かどうかが分かります。もし印鑑が途中なんらかの方法で改変されていた場合、「署名のプロパティ」上にアラートが表示され、改変されたことが一目でわかります。

自己署名設定

がっちり電子署名捺印画面

電子署名の確認方法

がっちり電子署名捺印画面

電子署名の仕方

電子署名付きの電子印鑑を作る方法はとても簡単です。

  • 「PDFに押印する」ボタンをクリック
  • 「自己署名設定」をクリック
  • 「自己署名機能を使用する」を「ON」に切り替え
  • 「新規作成」をクリック
  • 名前や会社名、部署名、メールアドレスなど、
    必要事項を入力し、最後に「OK」をクリック

以上で完了です。
この操作により、「おまかせ電子印鑑」で作成したすべての電子印鑑に電子署名が追加されます。

がっちり電子署名捺印画面
がっちり電子署名捺印画面
がっちり電子署名捺印画面
がっちり電子署名捺印画面
がっちり電子署名捺印画面

電子署名付き印鑑の押印方法

「自己署名設定」ができたら早速電子署名付きの印鑑を押印してみましょう。

  • 「PDFに押印する」をクリック
  • 「PDFを開く」をクリックし、押印したい
    PDFファイルを開く
  • 「おまかせ電子印鑑」の操作パネル上から押印したい印鑑を所定の場所までドラッグ&ドロップ
  • 「PDF保存」をクリック

以上で電子署名付き印鑑の押印は完了です。

がっちり電子署名捺印画面
がっちり電子署名捺印画面
がっちり電子署名捺印画面

動作環境

『おまかせ電子印鑑PREMIUM』のプラグインソフトになります。
そのため、ご利用いただくには『おまかせ電子印鑑PREMIUM』がパソコンにインストールされ、且つ正常にご利用いただけている必要があります。

注意事項

※本ソフトで作成できる印鑑は、あくまでも「認印」になります。認印としてご使用いただく場合、押印された文書の正当性を主張するには本人が押印したことを別途証明する必要があります。
※本ソフトで作成した電子印鑑をご使用いただくことにより発生するいかなる問題について、弊社では責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
※本ソフトで使用できる印章用フォント20書体は、本ソフト上でしかご使用いただけません。
※本製品の仕様は都合により予告なく変更することがあります。
※自作パソコンは動作保証していません。
※OSをアップグレードされたパソコンは動作保証していません。
※改造または自作機のパソコンについては動作保証致しません。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※その他、記載されている会社名・製品名は、関連するロゴも含めて各社の登録商標または商標です。
※本製品をご利用いただく前に、必ず取扱説明書、ユーザー使用許諾契約書をよくお読みいただき、それらに同意の上でご使用ください。ソフトをインストールした時点で、すべての条項および記載内容にご同意いただいたものとします。
※内容物や購入を証明できるものは、必ず保管してください。

おまかせ電子印鑑 for Business

おまかせ電子印鑑 for Business

『おまかせ電子印鑑 for Business』とは?

昨今のテレワークの普及により、社内でのやりとりの電子化がさらに進み、それにつれて電子印鑑の需要も増えております。皆さんは電子印鑑作成ソフトはお持ちでしょうか?本ソフトは、8種類もの電子印鑑を作成できるほか、PDFファイルへの直接押印など、電子印鑑をご使用いただくのに便利な機能が多数搭載されております。また「電子署名付き電子印鑑の作成・押印」が可能となっておりますので、ご自宅でPDF書類に「電子署名付き」の押印をしていただけます。このソフトがあれば、「書類への押印のためだけに出社する」ということがなくなり、さらに業務を効率化することができるはずです。

電子署名機能について

電子署名付き押印ができる

本ソフトでは、どなたでも簡単に「電子署名付き」の電子印鑑を作成していただくことができます。電子署名をすることにより、自分以外の他人が同じような電子印鑑を作成していたとしても、「署名のプロパティ」を見れば一発で自分の署名かどうかが分かります。もし印鑑が途中なんらかの方法で改変されていた場合、「署名のプロパティ」上にアラートが表示され、改変されたことが一目でわかります。

自己署名設定

おまかせ電子印鑑 for Business画面

電子署名の確認方法

おまかせ電子印鑑 for Business画面

電子署名の仕方

電子署名付きの電子印鑑を作る方法はとても簡単です。

  • 「PDFに押印する」ボタンをクリック
  • 「自己署名設定」をクリック
  • 「自己署名機能を使用する」を「ON」に切り替え
  • 「新規作成」をクリック
  • 名前や会社名、部署名、メールアドレスなど、
    必要事項を入力し、最後に「OK」をクリック

以上で完了です。
この操作により、「おまかせ電子印鑑」で作成したすべての電子印鑑に電子署名が追加されます。

おまかせ電子印鑑 for Business画面
おまかせ電子印鑑 for Business画面
おまかせ電子印鑑 for Business画面
おまかせ電子印鑑 for Business画面
おまかせ電子印鑑 for Business画面

電子署名付き印鑑の押印方法

「自己署名設定」ができたら早速電子署名付きの印鑑を押印してみましょう。

  • 「PDFに押印する」をクリック
  • 「PDFを開く」をクリックし、押印したい
    PDFファイルを開く
  • 「おまかせ電子印鑑」の操作パネル上から押印したい印鑑を所定の場所までドラッグ&ドロップ
  • 「PDF保存」をクリック

以上で電子署名付き印鑑の押印は完了です。

おまかせ電子印鑑 for Business画面
おまかせ電子印鑑 for Business画面
おまかせ電子印鑑 for Business画面

主な使い方

こんな印鑑が作れます

認印・三文判
通常もっともよく使用する「認印」を作成します。印鑑の形を「丸形・小判型」のいずれかから選択できるほか、フォントや文字の大きさ・太さ・色・枠線の幅を自由に変更できます。また本物の印鑑に近づけるために、「かすれ」や「傾き」も調節することができるので、まるで本当の認め印を押しているように見せることができます。
おまかせ電子印鑑画面
データネーム印
部下から提出された書類に「承認スタンプ」を押すことってありますよね。こういった社内の書類に押印するような場合に「データネーム印」が活躍します。日付の部分は「今日の日付にする」ボタンを押すだけで自動的にその日の日付に変わります。また3行すべてのフォントを1クリックで統一したり、3行すべてを異なるフォントにすることも可能です。
また日付の部分については色々な表示形式を用意しておりますので、お好みのものをご使用ください。
おまかせ電子印鑑画面
ビジネス印
「ビジネス印」はいわゆる会社の「角印」を電子印鑑にしたものになります。見積書や納品書に押しておくだけで書類がピリッと引き締まります。この機能では印鑑の文字の方向を縦・横どちらにでもできますので、社名が「漢字」であれば「縦」、アルファベットであれば「横」にすると見栄えのいい角印になります。
この他にも大きさ・太さ・色・枠線の太さ・フォントを自由に変更できるほか、よりリアルに見せるために「かすれ」を再現することもできます。
おまかせ電子印鑑画面
ユーザー印
「社外秘」や「請求書在中」、「持ち出し禁止」など、会社で色々な用途に使用できるのが「ユーザー印」。文字や色を自由に変更することにより、あなたの会社だけの便利なオリジナル印を作成しましょう。さらにこのユーザー印には会社のロゴや画像など「イラスト」を入れることもできますので、プレゼン資料のワンポイント画像として使用すると良いでしょう。
おまかせ電子印鑑画面
住所印
会社であれば「住所印」のスタンプがあるかと思われますが、それの電子版を作成することができます。
住所・会社名・電話番号だけでなく、本ソフトでは「メールアドレス」や「会社ロゴ」も入れることができます。
おまかせ電子印鑑画面
会社印
いわゆる会社の「実印」のようなかたちの電子印鑑を作成することができます。よりリアルに見せるには、フォントとして「淡斎篆書・吟」「淡斎古印体行書・舞」「丸印篆」「半漢印」のいずれかを選択するといいでしょう。
※ここで作成する「会社印」はあくまでも「認印」になりますため、押印された文書の正当性を主張するには本人が押印したことを別途証明する必要があります。またこの電子印鑑をご使用いただくことにより発生するいかなる問題についても弊社では責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
おまかせ電子印鑑画面
イラスト印
会社のロゴ画像や似顔絵などを「イラスト印」として電子印鑑にすることができます。画像がうまく表示されない場合は「しきい値」のスライドバーを左右に動かしてキレイに表示されるよう調整してみましょう。その年の「干支」のイラスト印を作成し、年賀状作成時に押印するとかっこいい年賀状を作成することができます。
おまかせ電子印鑑画面
スキャナ印
電子印鑑を押印することに不安を感じられる方は、是非この「スキャナ印」をご使用ください。普段使用している印鑑を白紙の紙に押印していただき、それをスキャナにセット。そこからは本ソフト上で「スキャナ印> スキャナを利用」をクリックし、画像の調節をすれば実際の印鑑を電子印鑑と同じように押印することができるようになります。
おまかせ電子印鑑画面
手書き風サイン
海外の会社と契約を締結するような場合、PDFファイルで契約書のやり取りをしますが、押印については「会社印・実印」ではなく「手書きでのサイン」が一般的です。そのような際に本ソフトを使用して「手書き風のサイン」を自動生成し、PDF形式の契約書に電子印鑑押印時と同じ要領で手書きサインを書き入れることができるのでとても便利です。手書きのデザインは複数の中からお好みのものを選ぶことができ、一度作成したサインは登録しておけばいつも同じ手書き風サインで契約書を作成することができます。
おまかせ電子印鑑画面

搭載されている印鑑用フォントは20種類

本ソフトには電子印鑑として見栄えが良くなる「印鑑用フォント」が20書体搭載されております。フォントは購入すると1書体で数万円するものもあるので、それが20書体も搭載されている本ソフトは大変お得です。ただし搭載されておりますフォントは本ソフト上でしかご利用いただけませんので予めご了承ください。

おまかせ電子印鑑画面

印鑑の貼り付け方法

本ソフトでは、4種類の押印方法が用意されております。

クリップボードにコピー
操作パネル上に登録した印鑑の中から使用する印鑑を選択し、「クリップボードにコピー」をクリック。あとは見積書や請求書などのファイルを開いて適当な場所で
「右クリック > 貼り付け」を選択すると電子印鑑が押印されます。
画像として保存
印鑑を選択し「画像として保存」をクリックすると、作成した電子印鑑に名前を付けて画像として保存することができます。押印時にいちいち本ソフトを起動するのが面倒な場合、印鑑を画像として保存しておけばいつでも簡単に電子印鑑画像を呼び出してどこにでも貼り付けられます。
印鑑パネル
よく使用する電子印鑑を3つまで選択し、「印鑑パネル」上に保存しておくことができます。この「印鑑パネル」は常駐してデスクトップ上のお好みの場所に置いておくことができ、押印時には「印鑑パネル」上の印鑑を選択し、ドラッグ&ドロップで押印することができます。
PDFに押印する
「PDFに押印する」をクリックし「PDFスタンパー」を開くとPDFファイルに直接押印することができます。また本ソフトの操作パネル上に直接PDFファイルをドラッグ&ドロップすることにより「PDFスタンパー」を起動して押印することもできます。
おまかせ電子印鑑画面
おまかせ電子印鑑画面

おまかせ電子印鑑画面

押印時に便利な機能

本ソフトには電子印鑑を押印する際に便利な機能が搭載されております。

おまかせ電子印鑑画面

押印辺サイズ
押印した際の実際のサイズをここで調節することができます。「一般的なサイズ」にチェックをいれておくと、自動的に押印時の印鑑サイズを一般的なサイズに設定してくれます。
押印加減ランダム
これを「オン」にしておくと、押印するごとに印鑑の「かすれ」や「傾き」を変更してくれます。これにより、実際に紙に押印する時と同じような微妙な見た目の変化を表現することができます。

印鑑データの編集機能も充実

おまかせ電子印鑑画面

作成した電子印鑑のデザインが気に入らない場合、一文字ごとに位置や大きさを編集することができます。「グリッド」を押しておけば、文字の位置を把握しやすいよう背景にグリッド線が表示されますし、「ロック」を押せば文字や枠線の位置を固定することができるなど、印鑑のデザイン変更がしやすくなっております。

印鑑データのインポート・エクスポート

本ソフトで作成した電子印鑑データは、まとめてエクスポートしたりインポートすることが可能です。パソコンを買い替えた場合など、これまでに作成した電子印鑑データを丸ごと新しいパソコンに移行することができるようになっております。

おまかせ電子印鑑画面

動作環境

■対応OS
Windows10/8.1

■CPU
上記OSが正常に動作するCPUクロック数

■HDD
200MBの空き容量

■メモリ
左記OSが正常に動作するメモリ容量

■その他
インターネットへの接続環境必須
(ユーザー登録時、プログラムアップデート時)

注意事項

※本ソフトで作成できる印鑑は、あくまでも「認印」になります。認印としてご使用いただく場合、押印された文書の正当性を主張するには本人が押印したことを別途証明する必要があります。
※本ソフトで作成した電子印鑑をご使用いただくことにより発生するいかなる問題について、弊社では責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
※本ソフトで使用できる印章用フォント20書体は、本ソフト上でしかご使用いただけません。
※本製品の仕様は都合により予告なく変更することがあります。
※自作パソコンは動作保証していません。
※OSをアップグレードされたパソコンは動作保証していません。
※改造または自作機のパソコンについては動作保証致しません。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※その他、記載されている会社名・製品名は、関連するロゴも含めて各社の登録商標または商標です。
※本製品をご利用いただく前に、必ず取扱説明書、ユーザー使用許諾契約書をよくお読みいただき、それらに同意の上でご使用ください。ソフトをインストールした時点で、すべての条項および記載内容にご同意いただいたものとします。
※内容物や購入を証明できるものは、必ず保管してください。

おまかせパスワード備忘録

おまかせパスワード備忘録

『おまかせパスワード備忘録』とは?

皆さんは普段IDやパスワードをどのようにして記録・管理していますか?Excelやテキストファイルで管理されている方も多いのではないでしょうか。でもその場合、もし外部に漏れてしまうと他人に簡単に見られてしまうのであまりお勧めできません。そんな方には『おまかせパスワード備忘録』のご利用をお勧めします。市販のパスワード管理ソフトを使うほどではなく、Excelやテキストで管理するよりは安全・スマートに記録することができる「ちょうどいいパスワード管理ソフト」となっております。テキスト感覚でどんどん記録していくことができ、編集も簡単。この他にも本ソフトには大事なID・パスワードを安全・確実に保管するための様々な機能が搭載されております。詳しくは下記をご覧ください。

主な特長

大事なID・パスワードをササっと記録

本ソフトでは、Excelやテキストエディタと同じような感覚でID・パスワードをどんどん登録していくことができます。編集も簡単ですので、もしIDを間違えて登録してしまったり、パスワードを変更した場合でも簡単に修正できます。

おまかせパスワード備忘録画面
「新規登録・編集」をクリック
おまかせパスワード備忘録画面

便利な検索機能

普段生活していると、IDやパスワードがどんどん増えていきます。そんな膨大な数の中から必要なものを瞬時に探し出すには検索機能が必要です。本ソフトには検索機能が搭載されており、通常検索・絞込検索ができるほか、検索にHitした表題のみを表示したり、Hitした行だけを表示するなど目的のID・パスワードが見つけ出しやすくなっております。

おまかせパスワード備忘録画面

データ保管は不安、紙で出力して保管したい方は・・・

おまかせパスワード備忘録画面

大事なID・パスワードですが、「データで保管しておくだけではどうも不安・・・」という方には紙で出力して保管するという方法もあります。「Excel出力・印刷」ボタンを押し、「カード形式で出力」を選択すると右図のような形で出力することができるので、これをハサミで切ってリングでとめて「単語帳形式」にするのもよし、出力した紙をファイルに入れて保管するのもよし、お好みの形にして保管することができます。ただし大事な情報ですので、誰にも見つからないようしっかり保管してください。

自動でパスワード生成

皆さんはパスワードを設定する際、いつも同じような文字列で設定していませんか?他人に想像されやすいパスワードを設定していると、何かあった時に取り返しがつきません。そうならないようにパスワードは「自動生成」して他人に分からないようにしましょう。使い方はとても簡単。「パスワード生成」ボタンを押して、必要な情報を入力したのち「パスワード生成」ボタンをクリックすればOK。「数字のみ」や「数字+小文字」など、4パターンの中からお好みのものをお選び下さい。自動生成したパスワードは、「DBに転送」ボタンを押せば、そのままデータベースに記録されるので、折角生成したパスワードを忘れることはありません。

おまかせパスワード備忘録画面

ソフト起動時にがっちりパスワードをかける

大事なIDやパスワードを保管しているソフトですので、ソフト自体を他人に起動されないようにする必要があります。本ソフトにはソフト起動時にパスワード入力を求める機能が付いておりますので、パソコンを他人に起動される可能性のある方は必ずパスワードをかけておきましょう。そのような心配のない方はこの機能を解除することも可能です。

おまかせパスワード備忘録画面

大事なデータのバックアップや復元も簡単

大事なID・パスワードですから、もしパソコンが壊れてしまった場合を想定し、常にデータをバックアップしておきましょう。「データベース > データバックアップ」の順に押せば、すぐにバックアップが始まります。

おまかせパスワード備忘録画面

動作環境

・対応OS:Windows10/8.1

・CPU:上記OSが正常に動作するCPUクロック数

・HDD:12MBの空き容量

・メモリ:上記OSが正常に動作するメモリ容量

・その他:インターネットへの接続環境必須(ユーザー登録時)

注意事項

※本製品の実行には管理者権限が必要です。
※記載内容、および製品仕様は改良のため予告なく変更することがあります。
※本製品を使用するには「使用許諾契約」に同意する必要があります。
※動作環境に記載の要件を満たしたパソコンが正常に動作する環境でご使用ください。
※自作パソコンはサポート対象外です。
※記載されている法人、製品、サービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
※ライセンスの再発行はできません。購入した内容および領収書、注文番号等はかならずお手元に保管してください。

おまかせ電子印鑑

「おまかせ電子印鑑PREMIUM」とは?

皆さんは取引先に提出する見積書や請求書・納品書にどのように捺印してますか?また捺印した書類をPDFにしてメールで送ることはありませんか?そのような時、一般的には以下のような作業が必要になります。

  • 書類をプリンターで出力する
  • 角印や認印を押印する
  • スキャナでパソコンに取り込む
  • PDFにする

これってとても面倒ですよね。でも『おまかせ電子印鑑PREMIUM』で電子印鑑を作成しておけば、これらの工程がすべて1つの画面上で完結します。もういちいち「①書類をプリンターで出力する」必要がないので紙の節約になりますし、「③スキャナでパソコンに取り込む」必要もありませんので大幅に作業が効率的になります。また本ソフトでは8種類もの電子印鑑を作成できるだけでなく、「手書き風サイン」も自動生成できますので、海外の会社との契約の際にかっこいい手書きサインを電子印鑑感覚でPDFに直接貼り付けることができます。

主な使い方

こんな印鑑が作れます

認印・三文判
通常もっともよく使用する「認印」を作成します。印鑑の形を「丸形・小判型」のいずれかから選択できるほか、フォントや文字の大きさ・太さ・色・枠線の幅を自由に変更できます。また本物の印鑑に近づけるために、「かすれ」や「傾き」も調節することができるので、まるで本当の認め印を押しているように見せることができます。
おまかせ電子印鑑画面
データネーム印
部下から提出された書類に「承認スタンプ」を押すことってありますよね。こういった社内の書類に押印するような場合に「データネーム印」が活躍します。日付の部分は「今日の日付にする」ボタンを押すだけで自動的にその日の日付に変わります。また3行すべてのフォントを1クリックで統一したり、3行すべてを異なるフォントにすることも可能です。
また日付の部分については色々な表示形式を用意しておりますので、お好みのものをご使用ください。
おまかせ電子印鑑画面
ビジネス印
「ビジネス印」はいわゆる会社の「角印」を電子印鑑にしたものになります。見積書や納品書に押しておくだけで書類がピリッと引き締まります。この機能では印鑑の文字の方向を縦・横どちらにでもできますので、社名が「漢字」であれば「縦」、アルファベットであれば「横」にすると見栄えのいい角印になります。
この他にも大きさ・太さ・色・枠線の太さ・フォントを自由に変更できるほか、よりリアルに見せるために「かすれ」を再現することもできます。
おまかせ電子印鑑画面
ユーザー印
「社外秘」や「請求書在中」、「持ち出し禁止」など、会社で色々な用途に使用できるのが「ユーザー印」。文字や色を自由に変更することにより、あなたの会社だけの便利なオリジナル印を作成しましょう。さらにこのユーザー印には会社のロゴや画像など「イラスト」を入れることもできますので、プレゼン資料のワンポイント画像として使用すると良いでしょう。
おまかせ電子印鑑画面
住所印
会社であれば「住所印」のスタンプがあるかと思われますが、それの電子版を作成することができます。
住所・会社名・電話番号だけでなく、本ソフトでは「メールアドレス」や「会社ロゴ」も入れることができます。
おまかせ電子印鑑画面
会社印
いわゆる会社の「実印」のようなかたちの電子印鑑を作成することができます。よりリアルに見せるには、フォントとして「淡斎篆書・吟」「淡斎古印体行書・舞」「丸印篆」「半漢印」のいずれかを選択するといいでしょう。
※ここで作成する「会社印」はあくまでも「認印」になりますため、押印された文書の正当性を主張するには本人が押印したことを別途証明する必要があります。またこの電子印鑑をご使用いただくことにより発生するいかなる問題についても弊社では責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
おまかせ電子印鑑画面
イラスト印
会社のロゴ画像や似顔絵などを「イラスト印」として電子印鑑にすることができます。画像がうまく表示されない場合は「しきい値」のスライドバーを左右に動かしてキレイに表示されるよう調整してみましょう。その年の「干支」のイラスト印を作成し、年賀状作成時に押印するとかっこいい年賀状を作成することができます。
おまかせ電子印鑑画面
スキャナ印
電子印鑑を押印することに不安を感じられる方は、是非この「スキャナ印」をご使用ください。普段使用している印鑑を白紙の紙に押印していただき、それをスキャナにセット。そこからは本ソフト上で「スキャナ印> スキャナを利用」をクリックし、画像の調節をすれば実際の印鑑を電子印鑑と同じように押印することができるようになります。
おまかせ電子印鑑画面
手書き風サイン
海外の会社と契約を締結するような場合、PDFファイルで契約書のやり取りをしますが、押印については「会社印・実印」ではなく「手書きでのサイン」が一般的です。そのような際に本ソフトを使用して「手書き風のサイン」を自動生成し、PDF形式の契約書に電子印鑑押印時と同じ要領で手書きサインを書き入れることができるのでとても便利です。手書きのデザインは複数の中からお好みのものを選ぶことができ、一度作成したサインは登録しておけばいつも同じ手書き風サインで契約書を作成することができます。
おまかせ電子印鑑画面

搭載されている印鑑用フォントは20種類

本ソフトには電子印鑑として見栄えが良くなる「印鑑用フォント」が20書体搭載されております。フォントは購入すると1書体で数万円するものもあるので、それが20書体も搭載されている本ソフトは大変お得です。ただし搭載されておりますフォントは本ソフト上でしかご利用いただけませんので予めご了承ください。

おまかせ電子印鑑画面

印鑑の貼り付け方法

本ソフトでは、4種類の押印方法が用意されております。

クリップボードにコピー
操作パネル上に登録した印鑑の中から使用する印鑑を選択し、「クリップボードにコピー」をクリック。あとは見積書や請求書などのファイルを開いて適当な場所で
「右クリック > 貼り付け」を選択すると電子印鑑が押印されます。
画像として保存
印鑑を選択し「画像として保存」をクリックすると、作成した電子印鑑に名前を付けて画像として保存することができます。押印時にいちいち本ソフトを起動するのが面倒な場合、印鑑を画像として保存しておけばいつでも簡単に電子印鑑画像を呼び出してどこにでも貼り付けられます。
印鑑パネル
よく使用する電子印鑑を3つまで選択し、「印鑑パネル」上に保存しておくことができます。この「印鑑パネル」は常駐してデスクトップ上のお好みの場所に置いておくことができ、押印時には「印鑑パネル」上の印鑑を選択し、ドラッグ&ドロップで押印することができます。
PDFに押印する
「PDFに押印する」をクリックし「PDFスタンパー」を開くとPDFファイルに直接押印することができます。また本ソフトの操作パネル上に直接PDFファイルをドラッグ&ドロップすることにより「PDFスタンパー」を起動して押印することもできます。
おまかせ電子印鑑画面
おまかせ電子印鑑画面

おまかせ電子印鑑画面

押印時に便利な機能

本ソフトには電子印鑑を押印する際に便利な機能が搭載されております。

おまかせ電子印鑑画面

押印辺サイズ
押印した際の「実際のサイズ」をここで調節することができます。印鑑サイズの数字の右にあるマークをクリックすると、「一般的なサイズ」に自動的に調節してくれます。
押印加減ランダム
これを「オン」にしておくと、押印するごとに印鑑の「かすれ」や「傾き」を変更してくれます。これにより、実際に紙に押印する時と同じような微妙な見た目の変化を表現することができます。

印鑑データの編集機能も充実

おまかせ電子印鑑画面

作成した電子印鑑のデザインが気に入らない場合、一文字ごとに位置や大きさを編集することができます。「グリッド」を押しておけば、文字の位置を把握しやすいよう背景にグリッド線が表示されますし、「ロック」を押せば文字や枠線の位置を固定することができるなど、印鑑のデザイン変更がしやすくなっております。

印鑑データのインポート・エクスポート

本ソフトで作成した電子印鑑データは、まとめてエクスポートしたりインポートすることが可能です。パソコンを買い替えた場合など、これまでに作成した電子印鑑データを丸ごと新しいパソコンに移行することができるようになっております。

おまかせ電子印鑑画面

動作環境

■対応OS
Windows10/8.1

■CPU
上記OSが正常に動作するCPUクロック数

■HDD
200MBの空き容量

■メモリ
左記OSが正常に動作するメモリ容量

■その他
インターネットへの接続環境必須
(ユーザー登録時、プログラムアップデート時)

注意事項

※本ソフトで作成できる印鑑は、あくまでも「認印」になります。認印としてご使用いただく場合、押印された文書の正当性を主張するには本人が押印したことを別途証明する必要があります。
※本ソフトで作成した電子印鑑をご使用いただくことにより発生するいかなる問題について、弊社では責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
※本ソフトで使用できる印章用フォント20書体は、本ソフト上でしかご使用いただけません。
※本製品の仕様は都合により予告なく変更することがあります。
※自作パソコンは動作保証していません。
※OSをアップグレードされたパソコンは動作保証していません。
※改造または自作機のパソコンについては動作保証致しません。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※その他、記載されている会社名・製品名は、関連するロゴも含めて各社の登録商標または商標です。
※本製品をご利用いただく前に、必ず取扱説明書、ユーザー使用許諾契約書をよくお読みいただき、それらに同意の上でご使用ください。ソフトをインストールした時点で、すべての条項および記載内容にご同意いただいたものとします。
※内容物や購入を証明できるものは、必ず保管してください。

Voice Code

Voice Code

お知らせ

2020年11月13日、「Voice Code」のプログラムをアップデートいたしました。
主に、「目の不自由な方」が使いやすくなるよう「マウスを使用せずキーボードのみでソフトの操作ができる」ように改良するとともに、軽微な不具合を修正しております。

【更新内容】

■キーボードから音声入力の開始・停止などの操作ができるようになりました。
割り当てられたショートカットキーは下記のとおり。
※ほかのソフトがアクティブの状態になっていても動作可能です。
〇開始 : Alt + K
〇停止 : Alt + J
〇最前面に移動 : Alt + U
〇ソフトの終了 : Alt + End

■ソフト起動時、「Tabキー」でのフォーカス移動が可能になりました。

■「初期設定」と「編集画面」のチェックボックスにつきまして、「Tabキー」でのフォーカス移動から「Enterキー」押下でチェックの有無が切り替わるようにいたしました。

更新プログラムのダウンロードはコチラ

「Voice Code(ボイスコード)」とは?

本ソフトは、キーボードでの文字入力が苦手な方、長文の入力を効率化したい方のために「誰でも簡単に声で文字入力ができる」よう開発された音声認識ソフトです。本ソフトを起動し、パソコンにマイクを接続すれば準備OK。「開始」ボタンを押せば、マイクに向かって話した声がすべてリアルタイムで文字に変換されます。文字化されたデータは自動的にクリップボードにコピーされますので、そのままメールソフトやテキストエディタなどに貼り付けることができます。また音声データの書き起こしにも活用できるので、仕事の現場でも是非ご活用ください。

主な用途

  • 長文メールの作成
    キーボードでの長文入力が苦手な方にお勧めです。
    Voice Code画面
  • 送り状への住所入力
    パソコンで運送会社の「送り状」を何件も作成する場合など、何度も繰り返しテキストを入力する場合に最適です。
    Voice Code画面
  • 音声の書き起こし
    会議やセミナーなどの録音音声を文字に起こし、議事録を作成する場合にも活用できます。
    Voice Code画面

設定なしで誰でもすぐに使える(動画で解説)

「Voice Code」は事前の音声登録や設定なしで、誰でもすぐに使えるようになっております。ソフトをインストールし、マイクをパソコンに接続すれば準備OK。使い方を動画にまとめておりますので、ご興味ある方は下記のボタンをクリックしてください。

操作画面はこれだけ

本ソフトはどなたでも簡単に、直感的にご使用いただけるよう非常にシンプルな操作画面になっております。

Voice Code画面
開始ボタン
マイクからの音声入力を開始します。押下している間はずっとマイクからの音声を文字化し続けます。
停止ボタン
マイクでの音声入力を停止します。
リフレッシュ間隔
Google Chromeが音声認識を行うときのリフレッシュ間隔を設定します。
音声認識動作が停止しないように、更新を行う時間間隔を意味しております。
リセット
Google Chrome側の音声認識動作をリセットします。
録音デバイス
パソコンに接続されているマイク(音声録音デバイス)の設定を行います。
初期設定
本ソフトの初期設定画面を表示します。
編集画面
音声認識されたテキストを表示するためのエディタ画面の表示・非表示を切り替えます。
句読点付与
エディタ上に表示されたテキストに自動的に句読点を付与します。
使い方
本ソフトの使い方動画を閲覧できます。

Google社の音声認識エンジンを採用

google

本ソフトの音声認識エンジンはGoogle社のものを使用しておりますので、認識精度は申し分ありません。実際の認識精度をお試しいただける「体験サイト」を用意しておりますので試したい方は下記のボタンをクリックしてください。

マイクに音声入力、音声認識結果を
クリップボードに自動コピー

マイクに向かって話した言葉を驚くほど正確に文字に変換してくれる「Voice Code」ですが、変換した文字データは自動的にクリップボードにコピーされますので、そのままメールソフトやテキストエディタなどに「Ctrl+ V」、もしくは「右クリック ⇒ 貼り付け」で貼り付けることができます。

Voice Code画面

音声認識結果を簡単編集、自動で句読点付与

音声認識結果は本ソフト上の編集画面で編集することもできます。「自動で句読点付与」ボタンを押すことにより、音声認識結果のテキストに自動で句読点を振ってくれるので、編集作業が楽になります。

Voice Code画面
「句読点付与」ボタンを押すと・・・
↓
Voice Code画面

音声ファイルの書き起こし方法

本ソフトを活用して音声ファイルを文字に書き起こすことができます。

会議やセミナーなどの音声をボイスレコーダーに録音し、再生
Voice Code画面
↓
再生された音声をそのまま復唱し、本ソフトで音声認識させる
Voice Code画面
↓
議事録の作成時間を大幅に短縮することができます。
Voice Code画面


音声認識精度を確認してみよう

使用方法

  • 「開始」をクリックすると音声認識画面が立ち上がります。
  • マイクに向かって話すと音声が文字に変換され、起動画面にリアルタイムでテキストが転送されます。ただし、高速インターネット接続環境(ブロードバンド回線)でご利用ください。通信回線の速度が遅いとテキストの転送がリアルタイムに行われません。
  • 音声認識精度の確認は「1分間」だけ行えます。
Voice Code画面

マイクの使用を許可

マイクの使用を許可してください。
Voice Code画面
間違ってブロックを選択した場合は、URL横の鍵マークをクリックし、マイクを許可してください。
Voice Code画面

マイクの設定方法

デスクトップ画面右下の[サウンド]アイコンをマウスで右クリックします。
Voice Code画面
表示されたメニューから、「録音デバイス」を選択します。
Voice Code画面
※もし「録音デバイス」が表示されない場合は、「スタートメニュー > Windowsシステムツール > コントロールパネル」でコントロールパネルを開き、「ハードウエアとサウンド > サウンド」を選択して表示された「サウンドダイアログ」の「録音」タブを選択してください。
マイクが動作するように設定を行います。
  • マイクデバイスが有効(緑色のチェックマーク)になっていることを確認してください。
  • マイクが「既定のデバイス」なっていること(「既定の通信デバイス」になっている場合はNGです)を確認してください。
    もしマイクが「既定のデバイス」になっていない場合は、マイクを選択して右クリックメニューから設定してください。
  • マイクに向かって話すと右側の緑色のインジケーターが適度に振れることを確認してください。インジケーターが適度に振れない場合は「[プロパティ」ボタンを押してマイクのプロパティを表示し、マイクとマイクブーストのスライドバーを調整してください。マイクのプロパティを設定しても緑色のインジケーターの反応がない場合は、マイクの仕様(On/Offスイッチなど)を確認してください。マイクでなく再生デバイスのスピーカーにマイク機能が存在する場合は、スピーカーのマイク機能が働かないように設定してください。音声認識は録音デバイスのマイクで動作させます。

Voice Code画面

VoiceCodeの使い方

マイクの設定方法

マイクが正常に利用できるかの確認

マウスを使わずに「キーボードのみ」で操作する方法

動作環境

■対応OS
Windows10/8.1

■CPU
上記OSが正常に動作するCPUクロック数

■HDD
200MBの空き容量

■メモリ
左記OSが正常に動作するメモリ容量

■その他
①Google Chrome(無料)
②ブロードバンド回線
③マイク(パソコンに接続できるもの)

注意事項

※本製品の仕様は都合により予告なく変更することがあります。
※自作パソコンは動作保証していません。
※OSをアップグレードされたパソコンは動作保証していません。
※改造または自作機のパソコンについては動作保証致しません。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※その他、記載されている会社名・製品名は、関連するロゴも含めて各社の登録商標または商標です。
※本製品をご利用いただく前に、必ず取扱説明書、ユーザー使用許諾契約書をよくお読みいただき、それらに同意の上でご使用ください。ソフトをインストールした時点で、すべての条項および記載内容にご同意いただいたものとします。
※内容物や購入を証明できるものは、必ず保管してください。
※本ソフトウエアは、Google社の音声認識エンジンをインターネットを介して利用しています。そのためGoogle社の音声認識サービスが利用できなくなると 本ソフトの音声認識機能も利用できなくなります。また、音声認識のために音声データはインターネットを介してデータが送受信されます。
機密情報を含む音声のご利用はお控えいただきますようお願い申し上げます。本ソフトで音声を認識させても音声やマイクの種類等の条件により認識精度が出ないことがあります。これら音声認識機能のサービス継続、利用、精度等に関して、ボイステクノ並びに販売業者等はいかなる責任も負いません。あらかじめご了承願います。なお、本ソフトでの音声認識機能については、Google利用規約(http://www.google.com/intl/ja/policies/terms/update/)を よくご確認の上ご利用いただきますようお願いします。

おまかせ英文代筆

おまかせ英文代筆

「おまかせ英文代筆」とは?

皆さんは海外の会社や友人にメールを出すことはありますか?
Google翻訳も便利ですが、きちんと英訳されているかどうか不安を感じながらメールを出すのは気が引けますよね。
そんなときはこの「おまかせ英文代筆」をご使用ください。
書きたい文章にマッチした項目を選択し、あとは質問に答えるだけで英語として読みやすい文章を作成してくれます。
全部で350種類以上の文例が搭載されておりますので、作りたい文章に近いものがあるはず。
英語でのやり取りが苦手な方は是非この「おまかせ英文代筆」で英文を作成していただき、自信をもって英語でのやり取りを進めてください。

主な使い方

海外の会社に見積もりを依頼したい時

「ビジネス > 見積り > 見積りを依頼する(購入を検討している場合)」の順に選択し、画面右下の「英文を作成する」をクリック。いくつかの質問に答えていくと、英文が完成します。

Vue Minder画面
Vue Minder画面

納期についてのクレームへの返信

「ビジネス > クレーム・クレームへの返信 > 納期についてのクレーム」を選択し、「英文を作成する」をクリック。
いくつかの質問に答えると英文が完成します。

Vue Minder画面
Vue Minder画面

海外の友人に出産のお祝いメッセージを送る場合

「プライベート > お祝い > 出産のお祝い」の順に選択し、「英文を作成する」をクリック。
いくつかの質問に答えると英文が完成します。

Vue Minder画面
Vue Minder画面

選べるジャンルは約40種類、搭載文例は350種類以上

本ソフトに収録されている文例は、海外とのやり取りでよく使われるものばかりを集めており、約40種類のジャンル、350種類以上の文例が搭載されております。目的の内容に近いものが必ずや搭載されているはず。

Vue Minder画面
Vue Minder画面

質問に答えるだけで英文が完成する

本ソフトは「文例集」ではありません。目的に近いジャンルを選択していただいたのち、いくつかの質問がありますので、それに英語で回答してください。すると完成した英文に回答内容が反映され、読みやすい英文に仕上がります。

Vue Minder画面
Vue Minder画面
Vue Minder画面

完成した文章は普段使っているメールソフトに貼り付けて送信

完成した英文は、画面左上の「クリップボードに全文をコピー」をクリックしてから普段使用しているメールソフトに貼り付けるだけでそのまま送信できるのでとても便利です。
また「差出人情報(署名)」をあらかじめ英語で登録しておけば、英文が完成したときに「差出人情報を表示」をクリックすると英文の署名が差し込まれ、そのまま海外に配信できます。

Vue Minder画面

日本語の文章を確認できる

本ソフトでは、完成した英文は「どのような日本文を英訳したものなのか」を確認できるようになっております。
日本文に問題なければそのまま英文を配信しても安心です。

Vue Minder画面

英文メールを書く際の「ワンポイントアドバイス」

本ソフトには英文を書く時に注意すべき「ワンポイントアドバイス」を表示する機能が搭載されております。
英語のやり取りが多い方は是非参考にしてみてください。

Vue Minder画面

動作環境

■対応OS
Windows10/8.1/7

■CPU
上記OSが正常に動作するCPUクロック数

■HDD
10MBの空き容量

■メモリ
左記OSが正常に動作するメモリ容量

■その他
インターネットへの接続環境必須

注意事項

※本製品の仕様は都合により予告なく変更することがあります。
※自作パソコンは動作保証していません。
※OSをアップグレードされたパソコンは動作保証していません。
※改造または自作機のパソコンについては動作保証致しません。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※その他、記載されている会社名・製品名は、関連するロゴも含めて各社の登録商標または商標です。
※本製品をご利用いただく前に、必ず取扱説明書、ユーザー使用許諾契約書をよくお読みいただき、それらに同意の上で
ご使用ください。ソフトをインストールした時点で、すべての条項および記載内容にご同意いただいたものとします。
※内容物や購入を証明できるものは、必ず保管してください。